西宮敬愛会病院について

  • 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 西宮敬愛会病院について:病院長あいさつ

病院長あいさつ

西宮の地に開院して10年
〜透析が必要な回復期リハビリ・長期療養患者さんも入院して頂けます〜

 当院は「医療と福祉を通じて社会に幅広く貢献します」の理念の下、交通至便な阪急西宮北口駅南に開院して、今年で10年目に入っております。地域の皆様に信頼される医療機関たるべく、職員一同一貫して患者さん中心の温もりのある、良質な医療を目指し努めてまいりました。
  今後も、近隣の高度医療機関の後方医療を担う「回復期リハビリテーション・医療療養型病院」として、質の高い安心・安全な療養環境の提供に努めて参ります。冒頭に述べましたように、入院維持透析が必要な回復期リハビリ患者さんにも入院して頂いております。
 私たちは、日々研修・研鑽し、明るく活力ある職場づくりに努めます。今後とも地域の皆さまの期待に応えられる医療活動を全力で展開してまいりますので、何卒よろしくお願い申し上げます。

西宮敬愛会病院 病院長 伊藤 芳久

令和3年4月吉日
西宮敬愛会病院 院長 守殿 貞夫

前のページへこのページの上へ


CopyRight (C) NISHINOMIYA KEIAIKAI HOSPITAL All Rights Reserved.