患者さん・ご家族の方へ

  • 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 患者さま・ご家族の方へ > 入院の対象となる患者さまへ

入院の対象となる患者さまへ

安全に入院生活を送るために

リハビリテーションを行っていく上で、様々な危険性や積極的なリハビリテーションを妨げる要因が考えられます。医師と相談の上必要な配慮を取りながらリハビリテーションをすすめておりますので、ご理解下さい。
転倒、転落、誤嚥性肺炎が代表的です。

転倒はどんな時におこってしまうの?

歩行練習中や階段、エレベーター、屋外の歩行中などで特に転倒の危険が高いです。万が一、転倒により骨折や打撲をした場合、積極的なリハビリテーションが行えなくなってしまいます。

リハビリスタッフが側にいない時に歩くことや、病棟外での活動を制限させていただく場合があります。これらの移動の制限をさせていただく場合があります。

食事形態や食事中の姿勢を制限させていただく場合があります。

転落はどんな時に起こってしまうの?

ベッドから車いすへの移動、車いすからトイレへの移動の時に特に転落の危険が高いです。

誤嚥性肺炎はどんな時に起こってしまうの?

飲み込みの機能が低下して、誤って気管に食べ物が入ると、肺炎になることがあります。飲み込みが難しく、嚥下練習を行っている患者さまは特に危険性が高いです。

前のページへこのページの上へ