• 敬愛会グループの系列病院について(別サイト)

HOME > 看護部 > 教育体制について:キャリア開発体系図

キャリア開発体系図

新人看護師採用時研修 4月プログラム

平成27年度 西宮敬愛会病院 新人看護師 採用時研修 

 
予定
内容
AM
PM
4月1日(水) 看護職
採用日
辞令式
辞令式(院長講話)
服務規律、福利厚生、災害対策(事務)
看護部規程、制服授与、更衣

新採用者採用時
研修受講の心得
組織人、医療者としての心得
院内ラウンド(担当:清水)
師長、副師長、主任紹介など

*別紙プログラム参照
4月2日(木)   感染管理の基本(9:00〜11:00)

看護部各部紹介(11:00〜12:00)
各部紹介(13:30〜15:00)
*別紙プログラム参照

接遇研修(15:10〜17:00)
4月3日(金)   看護部ガイダンス・オリエンテーション
(9:00〜10:30)

コミュニケーションスキル
(10:30〜12:00)
薬剤研修(13:30〜14:30)

看護部キャリア開発プログラム・
新人看護師研修ガイドライン
(14:40〜17:00)
4月4日(土) 休1    
4月5日(日) 休2    
4月6日(月)   基本技術研修
(経管栄養・PEGの管理)
フィジカルアセスメント(13:00〜15:00)

看護必要度研修・医療区分
(15:00〜17:00)
4月7日(火)   医療安全研修(概論、報告書入力など)
(9:00〜10:30)

輸液ライン、注射針、シリンジポンプ、
輸液ポンプ、血糖測定器など
(10:30〜12:00)
基本技術研修
(排泄介助、バルーン留置、陰部洗浄、
グリセリン浣腸、導尿)(13:00〜15:00)

看護記録
(15:10〜17:00)
4月8日(水) 基本技術研修
(全身清拭、部分ケア、洗髪、口腔ケア、
入浴介助DVD、ロールボード)
(9:00〜12:00&午後)
基本技術研修
(環境整備、ベッドメイキング、
シーツ交換)(13:00〜17:00)
4月9日(木)   基本技術研修(VS測定、12誘導EKG、
ネブライザー、酸素療法、吸引)
(9:00〜12:00)
看護過程の展開導入(13:00〜15:00)
看護過程演習(15:00〜17:00)
4月10日(金)   基本技術演習(9:00〜11:00)

老年看護(11:00〜12:00)
医療安全研修(KYT演習、5S)
(13時〜14時50分)

医療倫理(15時〜16時30分)
4月11日(土) 休3    
4月12日(日) 休4    
4月13日(月)   基本技術研修・演習 病棟見学
(9:00〜12:00)
心電図モニター(13:30〜14:00)

リハビリテーションの基本・摂食嚥下
(14:00〜17:00)
4月14日(火)   基本技術研修・演習 病棟見学
(9:00〜12:00)
離床センサー(13:00〜15:00)

看護過程演習(15:00〜17:00)
4月15日(水)   基本技術研修・フォローアップ演習
(9:00〜12:00)
BLS研修(13:00〜17:00)



4月16日(木)   病棟研修(9:00〜12:00) ポジショニング研修(13:00〜17:00)
4月17日(金)   病棟研修(9:00〜12:00) 病棟Orientation(13:00〜17:00)
(担当:所属師長)
4月18日(土) 休5    
4月19日(日) 休6    
4月20日(月)   病棟研修(9:00〜12:00)
病棟研修(13:00〜15:00)
プリセプターと交流(15:00〜16:00)
(所属長、プリセプター参加)
→ 16:45〜 プリセプター支援研修
4月21日(火)   病棟研修(9:00〜12:00) 病棟研修(13:00〜17:00)
4月22日(水)   病棟研修(9:00〜12:00) 15時〜オムツ交換研修
4月23日(木)   病棟研修(9:00〜12:00) スキンケア研修(13:00〜15:00)
病棟研修(15:00〜17:00)
4月24日(金)   病棟研修(9:00〜12:00) 病棟研修(13:00〜17:00)
4月25日(土) 休7    
4月26日(日) 休8    
4月27日(月)   病棟研修(9:00〜12:00) 病棟研修(13:00〜17:00)
4月28日(火)   多重課題シミュレーション研修 多重課題シミュレーション研修
4月研修のまとめ(プリセプター参加)

多重課題シミュレーション

新人教育においては、新人の実践能力の段階に応じて3回/年の多重課題シミュレーションを行いました。その企画は管理者だけでなく、実施指導者にも企画から参加してもらい、新人とのコミュニケーションを深める場ともなっています。

キャリア看護職・介護職研修

キャリア開発体系に基づいて、ラダー別に看護・介護職に年間を通して、企画し目標管理とリンクしながら各自が主体的に参加しています。

  • 法人オープン研修
  • マネジメントコース
  • 老年看護コース
  • 医療安全KYTコース

卒後1年目看護師

ケースレポート発表

看護職 キャリア開発体系図

西宮敬愛会病院看護部「看護職キャリア開発体系図」

平成27年度 ラダー別研修教育計画

平成27年度 看護職 教育計画

研修名 目標 対象者
プリセプター支援 プリセプターシップについて理解し、指導をうけながら新人に教育的にかかわることができる。
(新人看護教育ガイドラインの理解)
ラダーII
多重課題シミュレーション 基本的看護技術を活用し、臨床における多重課題をシミュレーションにおいて実践し、主体的に自己の課題を見出す。 ラダーI
リーダーシップI リーダーシップ理論と基本的スキルを理解し臨床実践に活かすことができる。 ラダーI
リーダーシップII リーダーシップ理論と基本的スキルを理解し所属において活用できる ラダーII
リーダーシップIII 状況・集団のありかたに応じたリーダーシップを発揮できる ラダーIII  
コーチング 自分や他者のコミュニケーションの特徴を認識し、自分や他者の能力を引き出すコミュニケーションスキルを実践する。 ラダーIII、IV
看護倫理 倫理綱領にもとづき、部署における倫理的問題に気付き、対処することができる。
*参加人数及び、メンバーは目標面接で調整し、同研修を2回開催するかどうかを決定する。
ラダーI、II
ラダーIII、IV
身体拘束I 身体拘束を行うことによる弊害を理解し、現状を看護の視点で考えることができる ラダーI
身体拘束II 身体拘束を行うことによる弊害を理解し、身体拘束に対する現状を回避できる行動がとれ、教育的に関わる事ができる。 ラダーII
身体拘束III 身体拘束を行うことによる弊害を理解し、身体拘束に対する現状を回避できる行動がとれ、教育的に関わる事ができる。 ラダーIII
医療安全I リスクマネジメントの問題解決サイクルについて理解し、インシデント報告書が指導を受けて作成できる。
KYT,5Sについて理解できる。
ラダーI
医療安全II 医療安全の必要性を理解し、医療安全防止のためのリスク感性を養うために必要な知識を習得する ラダーII
医療安全III 医療安全の必要性を理解して、病棟におけるリスクに対して、根拠にもとづいた対処行動ができ、現場での指導ができる。 ラダーIII
感染管理I 研修を通して感染予防の方法がわかる ラダーI
感染管理II 研修を通して感染予防の実践ができる ラダーII
感染管理III 研修を通して、感染予防の指導ができる ラダーIII
感染管理IV 研修を通して、アウトブレイク時の対応やスタッフへの指導ができる ラダーIV
褥瘡・スキンケア基礎 褥瘡、スキンケアの基本を理解する ラダーI
スキンケアII
褥瘡ケア
褥瘡の発生要因を知り、予防的ケアが理解できる(DESIGN‐Rで評価ができる) ラダーII
スキンケアIII
皮膚創傷ケア
皮膚創傷ケアについて理解し指導することができる ラダーIII
看護過程の展開
(Beginner Course)
生態機能、病態生理を理解した上で対象の理解、情報の分類を行う事ができる。 ラダーIIa
看護過程の展開
(Standard Course)
情報の分類〜看護計画立案までの過程を行う
I:ケースレポートを作成し、自己の課題を見出すことができる。
IIb:臨床におけるプライマリー患者の看護過程の展開における自己の課題を見出す事ができる。
ラダーI・IIb
看護過程の展開
(Basic Course)
関連図の作成を行い、情報の分析における自己の課題を見出すことができる。ケースレポートを作成し、自己の課題を見出すことができる ラダーIIb、III
看護過程の展開
(Instructor  Course)
ラダーI〜IIのスタッフの臨床における看護過程展開に教育的にかかわることができる。また、指導における自己の課題を見出すことができる。 ラダーIII、IV
フィジカルアセスメント 呼吸、循環のフィジカルアセスメント
モニター心電図の基本
ラダーI、II、III
問題解決思考 問題解決思考について理解し、看護過程、看護研究、医療安全管理に活用することができる ラダーI、II、III
看護研究   指導をうけながら看護研究に取り組む事ができる ラダーII、III
マネジメントコース
法人オープンコース
マネジメントの概念を理解し実践に活用することができる ラダーIV
老年・慢性期看護
法人オープンコース  
老年期の特性、慢性期看護実践を行い実践において活用することができる ラダーI〜IV
医療安全管理
法人オープンコース
医療安全管理について理解し臨床において活用することができる ラダーIV
透析看護 血液透析の原理やしくみを理解し透析患者の看護ができる  
口腔ケア、嚥下
(南歯科クリニック)
高齢者、就床患者・絶食中の患者の口腔ケア 歯科

平成27年度 介護職 教育計画

研修名 目標 対象者
介護倫理 介護福祉士倫理綱領にもとづき、部署における倫理的問題に気付き、指導をうけて対処することができる。
*参加人数及び、メンバーは目標面接で調整。
ラダーI、II
ラダーIII、IV
身体拘束I、II 身体拘束を行うことによる弊害を理解し、安全な療養環境を考えることができる ラダーI、II
身体拘束III 身体拘束を行うことによる弊害を理解し、看護師と共に、回避にむけた取り組みを行うことができる ラダーIII
医療安全I 医療安全管理の基礎について理解する ラダーI
医療安全II 医療安全の必要性を理解し、リスク感性を養うために必要な知識を習得する ラダーII
医療安全III 医療安全の必要性を理解して、病棟内でのリスクに対して、対処行動ができる ラダーIII
感染管理I 研修を通して感染防止の基礎が分かり、指導を受けながら実践できる。 ラダーI
感染管理II 研修を通して感染防止の基礎が分かり、自立して実践できる。 ラダーII
感染管理III 研修を通して感染防止の基礎が分かり、指導することができる。 ラダーIII
褥瘡・
スキンケアI、II
皮膚の変化に気づくことができ、報告ができる。 ラダーI、II
褥瘡・
スキンケアIII
看護師と連携をとって、褥瘡予防・スキンケアができる。 ラダーIII
基本的介護技術 慢性期、回復期介護における基本的介護技術を原理原則にもとづいて実践することができる ラダーI、II
多重課題
シミュレーション研修
基本的介護技術を活用し、多重課題をシミュレーションにおいて体験し自己の課題を見出す事ができる ラダーI、II
コミュニケーションスキル 介護実践に必要なコミュニケーションを理解し実践にいかすことができる。。 全介護職
認知症介護 認知症について理解し、臨床において活用することができる 全介護職

看護部のOPへこのページの上へ